テレビショッピングで紹介されたダイエット器具を、自分の手でやってみた

ある日、6歳の娘とテレビを見ていた時のこと。
テレビショッピングで、お腹まわりをマッサージする器具が紹介されていました。
突起のついたローラーが高速回転し、まるで数人のエステティシャンの手技によって、お腹まわりを揉み流されているような感覚とのこと。

エステティシャンには、揉む・流す・ひねる・つまむといった手技があるそうなのですが、それがこの器具で一度に体感できるという商品の紹介でした。
「へぇ~、すごいな~」
と感心して見ていた私の横で、娘が「このお腹お母さんの?」と言うのです。
その商品を紹介するために映された、脂肪たっぷりのお腹に対しての一言でした。
商品のローラーの動きを表すために、モニターのお腹の肉がスローモーションで波打ちます。
それを見て、娘はVTRと同時に私のお腹をブルブルさせて「ほら、一緒~!」と大笑いしています。

今でこそ娘の笑いの元となっている私のお腹まわりですが、妊娠前はとてもスタイルに気を配っていたものです。
ウエストのくびれやヒップアップなど、寝る前にストレッチをして自分のスタイルを維持していたほどですが、妊娠がわかるとガラッと考えが変わり、外見に関して一切気にしなくなりました。
マタニティウエアの着心地の良さにはまり、出産後もずっとゆったり感を堪能し続けてきました。
その結果、たるみきったお腹まわりは、今では娘にからかわれることに・・。

このままではいけない

これまでも何度か「ダイエットをしなければ」という気持ちになったことはありましたが、具体的に何かに取り組んだことはありませんでした。
しかし、このテレビショッピングを見ながら娘が真似をして、私のお腹の肉を揉んできたことをきっかけに、この動きを真似てみてはどうかと思ったのです。

VTRでは、器具の動きと比較してエステティシャンの手技も紹介していました。
揉む・流す・ひねる・つまむ・・画面に手元だけ映るその動きを、自分で真似してみます。
番組の間、ほんの少しマッサージしただけで、じんわりと温かくなってくるのがわかります。

自分のお腹の肉をこんなに集中的に刺激したことがなかったので、これを繰り返せばひょっとして・・と、脂肪燃焼と引き締め効果に期待が感じられました。

3日ほど続けると、なんとなくお腹周りがスッキリしている感じがあります。
見た目には全くわかりませんが、触った感じが明らかに違います。

「ダイエットをしなければ」イコール、腹筋や背筋といった「トレーニングをしなければ」と思ってしまい、ハードルを感じてどうしても続かない私ですが、「エステに行ったつもりで」とリラックスできると、集中して自分で自分のお腹の肉をマッサージすることができます。

まだ続けて1週間ですが、パンツを履いたときのベルトに乗っかるお腹の肉が減ってきた感じがあります。
まだまだ見た目にははっきりとした違いは感じられませんが、これからも続けて、娘にタプタプと遊ばれないようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です